ビジネスネーム ビジネスネーム作成 ビジネスネーム付け方 ビジネスネーム姓名判断

あなたの運勢を変える!開運ビジネスネーム作成の専門家飛鳥宗佑が書いてるブログ

新たなビジネスネームに出会う、希望とワクワクとの出会いがここにはあります。ビジネスネーム作成実績:2018年1月1日~2019年1月1日までに頂いた評価の平均点⇒4.85(5段階評価)100人中97人の方が「非常に良い」と感じています。

特定商取引法に基づく表記は、ビジネスネームで可能?開業届けはいつ出すべき?会社員が副業を始める前に知っておくべきこと

こんにちは!開運ビジネスネーム作成の専門家@飛鳥宗佑です(^^♪

ビジネスネーム

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。運勢を変える開運ビジネスネーム作成なら専門家の飛鳥宗佑にお任せください!あなたの「なかなかビジネスネームが上手くできない」を解決し、あなたの運勢を良くします!

 

最近、ビジネスネームが欲しいという方からこんな質問を頂きました!

「飛鳥さんは、特定商取引法に基づく表記はどうしていますか?あれは本名じゃなきゃダメなんですよね?でも、本名がバレるのは嫌だし、ビジネスネームじゃダメなんでしょうか?あと、開業届けっていつ出せばいいんですか?」

とのこと。なるほどなぁ、、、確かに、会社や特定の人に本名を知られるのが嫌だからビジネスネームを持ったのに、それを活用できないんじゃ意味ないし、開業届けはいつ出せばいいのか経験がないと分からないよね。ってことで、今回は頂いたもろもろの質問の答えを記事にしてみたいと思います!

特定商取引 ビジネスネーム 開業届け
目次

特定商取引法に基づく表記でビジネスネームは使えるのか?

結論から言いますと、使えます。本名じゃなきゃいけないってことはないです。本来であれば、氏名、住所、電話番号を表記しなければいけませんが、近年の広告表示の事情に配慮し、「いつでも氏名や住所、電話番号は求めがあれば提示しますよ!そのための準備ができていますよ」という旨の記載があれば、氏名、住所、電話番号の表記は省略できるとされています。また、サイトの責任者と運営者の違いがありますので、「運営者」としてビジネスネームでの表記が可能です。なので、私の場合は運営者として「飛鳥宗佑」と表示しています。

特定商取引法に基づく表記は、気にする人は結構気にします。なので、きちんと理解し正しく表記しましょう。

 

開業届けはいつだせばいいんですか?

結論から言えば、開業時じゃなくとも大丈夫です。もちろん、開業と同時に出すのOKですが、例えば、実際のオープン日が6月1日としましょう。しかし、10月頃とか後になってからでも6月1日オープンとして登記できます。また、年間20万円以上売り上げが出ると確定申告が必要なので、20万円以上売り上げが出そうだと分かった段階で提出するのもアリです。ただ、税務署の言い分では、開業したのならなるべく早く提出してほしいというのもあるみたいですが。ちなみに、開廃業届は、税務署に提出し、ビジネスネームでは不可です。本名でないと登記できません。

起業や副業、税に関するお悩み・ご相談はこちらから
↓↓↓

 

まとめ

・特定商取引法に基づく表記はビジネスネームでも可能
・開業届けは、オープン時じゃなくとも、後からでも提出できる

 

ビジネスネームの作成依頼はこちらから

 

その他おススメの記事