ビジネスネーム ビジネスネーム作成 ビジネスネーム付け方 ビジネスネーム姓名判断 ビジネスネーム名刺 屋号占い

あなたの運勢を変える!開運ビジネスネーム作成の専門家飛鳥宗佑が書いてるブログ

新たなビジネスネームに出会う、希望とワクワクとの出会いがここにはあります。ビジネスネーム作成実績:2018年1月1日~2019年1月1日までに頂いた評価の平均点⇒4.85(5段階評価)100人中97人の方が「非常に良い」と感じています。

屋号に占いを使って運気を50倍上げる方法とは?

こんにちは!開運ビジネスネーム作成の専門家@飛鳥宗佑(あすかそうすけ)です(^^♪

飛鳥宗佑

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。運勢を変える開運ビジネスネーム作成なら専門家の飛鳥宗佑にお任せください!あなたの「なかなかビジネスネームが上手くできない」を解決し、あなたの運勢を良くします!作成依頼はこちらから!!⇒ビジネスネーム作成専門

 

さて、私はビジネスネーム作成だけではなく、屋号の作成もします。作成前に色々と相談を受けることがあるのですが、けっこう皆さん勘違いされています。16画を使おうと思うのですが、良いでしょうか?とか、生年月日や音は無視して良いのでしょうか?など。色々勘違いされていることが多いと感じるので、専門家としての見解を記事にまとめたいと思います。

目次

 

屋号は総格を何画にするといい?

よく屋号の総格(全ての字画を足した画数)を六大吉数(6画、15画、24画、31画、47画、63画)にすると良い。というお話を聞きますが、これは間違いです。詳しく名前を挙げませんが、6画や24画ですぐに潰れた事業を私は知っています。正しくは、創業者・代表者にとって発展・繁栄のある画数を使うべきで、「良い画数」は個人によって違うのです。とある人は、15画が合う場合もありますし、15画が合わない場合もあります。また、凶数とされる19画や、40画でも合う場合がありますので、一概に「〇〇画だからよい」とは言えないのです。ちなみに、良い画数を割り出すためには「生年月日(四柱推命)」を使います。創業者・代表者の生年月日から良い画数を割り出していきます。

 

そもそも良い屋号にすると何がいいの?

発展・繁栄する画数を使うので、「潰れない運気」が出来上がります。結果として、事業が長続きします。起業してもおおよそ7割の事業は1年以内に潰れ、3年以上もつ事業は残りの1割と聞きます。そんな厳しいビジネス戦線でも、良い屋号にすることで生き残ることが可能な運気になります。実際、私が屋号を作成した方のほとんどはまだまだ事業を継続されています。

【お客様の声】
私自身の名前と屋号を見て戴き、とても勇気づけられ、自信が持てるような、前向きになれたのを憶えております。その節はお世話になり、有り難うございました!見て戴いた佳き日は二日、一日は自治体の登録日、もう一日を開業日とし、お陰様で無事に2周年を迎えられました。ずっと会社勤めの事務職で、営業・広報活動は素人、正直なところ、三年は依頼が無い事を覚悟しての開業でした。と言っても、そんな深刻なものではありません。本業の会社勤めは続けながら副業を楽しめるようになれればと・・・のんびり構えていたところ、半年程してご新規のお客様のお問い合わせがあり、すんなり初契約を戴きました。あまりにすんなり過ぎてビックリしたくらいです。その後は、そのお客様のご紹介、そのまたご紹介、同業者からのご紹介、とろくに営業活動をしていないにも関わらず、有り難い事にご紹介のお客様が増え、そして皆様がリピートしてくださっています。連日朝から晩まで走り回るような忙しさではありませんが、お客様にも恵まれて、好きな事を楽しくさせて戴いておりますクレーム、トラブルも無く、病気も怪我もせずに今日まで来られました。今年の12月で丸三年、覚悟の三年もあっという間で無事に乗り切れそうです!‌有り難うございます!長文駄文を最後までご高覧戴きまして有り難うございます。まだまだ寒い日が続きますので、どうぞご自愛くださいませ。(50代女性・K様)

 

屋号 占い

屋号を登記する日も重要!!

画数も重要かもしれませんが、「いつ登記するのか?」または「いつオープンするのか?」も重要です。登記やオープン日はいわば「事業の誕生日」なわけです。人間の場合は誕生日を選べませんが、事業は選べるわけです。せっかく選べるのなら、良い日を選んであげた方が良いですよね。スタートやオープン日を良い日にすることで、スタートダッシュが切れます。よく聞くのは、すぐにお客様ができたです。良い登記日やオープン日を選ぶには「擇日(たくじつ)」という手法を使います。これは十干・十二支を使う、中国より伝わる伝統ある吉日の選び方です。ちなみに、天赦日とか一粒万倍日などの吉日がありますが、それらは生まれた年によって使えない日となる場合がありますので、素人判断で軽く扱うのはやめた方が良いです。参考記事:大安吉日、一粒万倍日、天赦日を吉日だと思っていませんか? 

 

屋号と代表者の相性もある!

事業を発展・繁栄のある運気にするためには、代表者と屋号の相性を合わせることも重要です。屋号は単に画数を合わせれば良いという訳ではなく、「音(おん)」も考慮しつつ、屋号と創業者・代表者を良い相性にするのです。相性を良くすることで、事業が長続きし、発展・繁栄します。

占い屋ホシゾラ(屋号)
飛鳥宗佑(代表者)

 

その他、事業を発展させる名刺も重要!!

今まで、屋号のみにスポットをあてて来ましたが、もう何点か占いで事業運を上げることができます。それは「名刺」。実は、名刺にも運勢があり、良い名刺を使えば良い取引先と縁ができたり、あなたを助けてくれるような良い顧客と縁ができやすくなります。また、良い名刺だと、渡した方、受け取った方双方に良い効果が表れ、お互いに事業が発展していきます。良い名刺は、風水に則って作られていて、適切な位置に名前やロゴ、キャッチコピーがあったりします。事業発展のためには、屋号のみならず、名刺にも占いを取り入れてみることをおススメします。参考記事:ビジネスネームを名刺に記載するとき 

 

名前が悪い場合は、開運ビジネスネームを使う

ここまでで、屋号や名刺に関してお話をしてきました。これで、ほぼ運気は良い状態になりますが、今一歩「実は、姓名判断であんまりいい名前じゃないんだよな」という不安を抱えている方もいるかもしれません。そんなときは、思い切って「開運ビジネスネーム」を使うことをおススメ致します。なにも、代表者や創業者がビジネスネームを使ってはいけないとう法律はありません。登記は、本名じゃないといけませんが、ビジネスネームで活動したって良いのです。名刺に名前を記載するとき、大吉名が記載されていると、開運効果がさらに増します。良いことづくめですので、もし名前が姓名判断的に悪いと気になるのであれば、開運ビジネスネームを持つことをおススメ致します。

 

電話番号占いで、良い電話番号を持とう!

名刺やウェブサイトに記載する電話番号も、良い電話番号にした方が良いです。電話番号占いは、みるべきポイントが2つあって、1つ目は、電話番号の末尾。ここが1,3,5,8,9で終わる電話番号が良いです。例えば、末尾が5だと、「思いがけない大口からの連絡がくる」という意味があります。2つ目は、全ての数字を足して一桁変換数字が1,3,5,8,9であること。例えば、090-1234-5678だと、総数が36で、3+6=9となります。この場合、一桁変換した数字が9なので、090-1234-5678は良い電話番号と言えます。

 

生年月日占い、吉日登記、創業者・代表者と屋号の相性、名刺、開運ビジネスネーム、これら様々な占いを組み合わせることで今ある運気より50倍は良くなります。独立・起業となると不安がつきまといますし、事業を発展・成功させたいという願いがあると思います。何も考えずに事業を開始するよりかは、占いを取り入れた方が良いです。そんな時は、素人判断せず、占いの専門家を頼ってみるのは如何でしょうか?あなたの事業を精一杯良くし、後押し致します。

屋号・社名作成依頼

ビジネスネームの作成依頼はこちらから

 

その他おススメの記事